一般歯科

早めの治療と予防で歯を大切にする虫歯治療

虫歯は、プラーク(歯垢)に潜んでいる虫歯菌が、食べかすや糖分をエサにして作り出した酸によって歯が溶けることで起こります。

できてしまった虫歯は放っておいても自然に治ることはありません。ご自身の歯を残すためにも、虫歯はできるだけ症状が軽いうちに治療を受けることが大切です。当院ではできるだけ歯を削らない、抜かない治療を心がけております。気になる症状がある方は、早めにご相談ください。

虫歯の進行段階とそれぞれの治療方法

C0:ごく初期段階の虫歯

症状

歯の表面を覆っているエナメル層がわずかに溶ける脱灰(だっかい)が起きている状態です。白濁して見えたり、ザラザラした見た目になったりします。この段階ではまだ痛みがありません。

治療法

治療法

丁寧なブラッシングやフッ素の塗布を行うことで、虫歯部分を再石灰化させて健全な状態に戻します。また、このC0の段階であれば、定期的な歯科検診を受けることで虫歯を食い止めることができます。

C1:エナメル層に達した虫歯

症状

酸によって歯の表面を覆うエナメル層に穴が開いている状態です。わずかに黒ずんだ見た目になることがありますが、痛みはほとんどなく気がつかないこともあります。

治療法

虫歯の部分を削り、その箇所につめ物をして歯を修復します。歯科用プラスチック(レジン)やセラミックのつめ物は、歯の色に近い色をしているため、治療跡が目立ちません。

C2:象牙質に達した虫歯

症状

エナメル層の下にある象牙質の部分にまで達した虫歯です。この段階では、冷たいものや熱いもの、甘いものなどがしみることがあります。

治療法

虫歯の部分を削ってつめ物をします。C2の段階までであれば、歯を削る量は少なく、治療時の痛みもそれほど強くありません。治療回数も2~3回程度と短期間で終了し、患者様の負担が少なくて済みます。

C3:歯の神経やその付近にまで達した虫歯

症状

歯の神経や血管が通る部分を歯髄(しずい)と呼びます。この歯髄にまで達したのがC3の虫歯です。この段階では、虫歯が神経にまで達しているため、何もしなくても痛みを感じるようになります。

治療法

まずはじめに、炎症を起こした神経や血管を除去し、清掃してから薬を詰める『根管治療』を行います。その後、削った歯をかぶせ物で補います。C3の治療では歯を削る部分が多くなり、地領には痛みを伴う場合もありますが、当院ではできるだけ痛みの少ない治療を心がけておりますので、ご安心ください。

C4:歯根部分に達した虫歯

症状

歯と顎の骨を結合している歯根(しこん)と呼ばれる部分にまで達した虫歯です。歯の見えている部分は、ほとんど溶けてしまっています。神経が死んでしまうので、いったん痛みはなくなりますが、歯の根の先に膿がたまると激しい痛みが起こることもあるので、早めに治療を受けましょう。

治療法

この段階になると基本的に歯を残すことが難しくなりますので、抜歯が必要です。失った歯は、インプラントや入れ歯などの義歯で補います。C4の虫歯では、歯茎が病気になっている可能性があるため、慎重な見極めが欠かせません。

お問い合わせ

       

東白楽・東神奈川周辺で歯医者・歯科をお探しなら

ラフォレデンタルオフィス東白楽までご相談下さい。