インプラント・入れ歯

失われた歯の機能を取り戻す治療

虫歯や歯周病、外傷などで歯を失ってしまったら、できるだけ早く歯の機能を取り戻す治療を受けましょう。歯を抜けたままにしておくと、両隣の歯が傾いてきたり、かみ合わせる歯が伸びてきたりして更なるトラブルの原因になってしまいます。当院では患者様のご希望や気になる点をしっかりとお伺いし、治療の選択肢をご提案いたします。
「入れ歯はしっかり噛めるの?」「インプラント治療に興味があるけれど不安」「ブリッジってどんな治療?」という方は是非、当院にご相談ください。

インプラント

インプラント治療とは、あごの骨に人工歯根(インプラント体)を埋め込み、上部にセラミックでできた歯冠を装着して、歯の機能を取り戻す治療です。

インプラント体は医療用のチタンで作られており、あごの骨とよく接合するため、自分の歯のように噛むことができます。また、見た目に違和感がなく義歯であることが分かりくいというメリットがあり、近年注目を集めている治療です。

ラフォレデンタルオフィス東白楽では事前にしっかりとインプラント治療のメリット・デメリットについてご説明しております。また、術前に精密な検査を行い、高度な治療環境で施術することで安心・安全なインプラント治療を実施しています。

メリット

  • 自分の歯のようにしっかりと噛める
  • 食事のときの違和感がない
  • 天然の歯のような自然な見た目
  • 周囲の歯に負担をかけない
  • 1本のみでも治療が受けられる
  • 歯みがきをすることでケアができる
  • 適切なケアと定期的なメンテナンスによって長期間使用できる

デメリット

  • 自由診療となるため費用が高額
  • 治療期間が長い
  • 外科手術が必要
  • 適応とならないケースもある

費用

※費用は全て税込です。

 
検査・診断料 55,000円
オペ管理料 110,000円
一次オペ 220,000円
二次オペ 55,000円
上部構造(ジルコニアモノリシック) 165,000円
上部構造(ジルコニアレイヤリング) 220,000円
GBR 110,000円
ソケットリフト 110,000円
サイナスリフト 330,000円

入れ歯

歯の機能を取り戻すための一般的な治療として知られるのが入れ歯です。入れ歯には大きく分けて2種類の入れ歯があります。1つは歯を失った部分だけを入れ歯で補い金属のフックで残った歯にかけて安定させる『部分入れ歯』。もう一つはすべての歯を失ってしまった場合に使用する『総入れ歯』の2種類です。外科手術が不要なので、高齢者の方にも適した治療と言えるでしょう。

レジン床

入れ歯の本体部分、上顎、下顎の粘膜に接する部分を床(しょう)と呼びます。レジン(プラスチック)でできたレジン床は、保険適用の入れ歯です。費用が安く、多くの症例に適応となるのが特徴。ただし、レジン床は金属の床に比べると厚みがあるので、装着したときに違和感がある、食事の温度が伝わりにくいなどのデメリットもあります。

メリット

  • 保険適用なので費用が安い
  • 修正や調整が簡単にできる
  • 歯を抜いた後、すぐに使用できるため治療期間が短い

デメリット

  • 慣れるまで痛みや違和感がでることがある
  • はずれてしまうことがある
  • 硬いものが噛みづらい
  • 食べ物の温度や味が分かりにくい
  • 見ためが不自然な場合がある
  • しゃべりにくい

金属床

床部分を薄い金属で作製するのが『金属床(きんぞくしょう)』の入れ歯です。レジン床と比べると厚みが3分の1程度なので、装着したときに違和感が少なく食事がしやすい、しゃべりやすいなどのメリットがあります。使用する金属は生体親和性の高いものを使用しているため、金属アレルギーが起こることはほとんどありません。

メリット

  • 装着したときに異物感がほとんどない
  • 食べ物の温度が伝わりやすく、食事が楽しめる
  • レジンの入れ歯よりしゃべりやすい
  • フック部分を目立たせないように作製できる
  • 周囲の歯に負担をかけない
  • においがつきにくく、衛生的

デメリット

  • 自由診療となるので費用が高い
  • 使う金属によって費用が異なる
  • 使う金属によってアレルギーがでることがある
  • 修理が難しいことがある

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーとは、金属のバネを使用しない自由診療の部分入れ歯です。通常の部分入れ歯は金属のバネを使って周囲の歯に固定するため、金属のバネが目立つというデメリットがあります。ノンクラスプデンチャーは歯茎の色に似たプラスチックを使って固定するため、入れ歯を使用していることが周りに気づかれにくいと言えます。初めて入れ歯を使用するという方に適した治療です。

メリット

  • 金属のバネを使用しないので目立たない
  • 囲の歯に負担がかからない
  • 周囲の人に入れ歯であることが気づかれにくい
  • 床部分を薄く作ることができるので違和感が少ない
  • 弾力があってフィット感が高い
  • よく噛むことができる

デメリット

  • 自由診療なので費用が高い
  • 壊れた場合、修理が難しい

費用

 
金属床義歯(Co-Cr) 330,000円
金属床義歯(Ti) 550,000円
ノンクラスプデンチャー 88,000円
金属床+ノンクラスプデンチャー 220,000円

ブリッジ

抜けてしまった歯の両隣の歯を土台にして、橋を渡すように連続したかぶせ物を装着するのが『ブリッジ』です。ブリッジは保険適用の治療となります。両隣の歯が虫歯や歯周病である場合、先に治療をしてからブリッジの治療をスタートします。自分の歯に近い感覚で噛めてインプラントに比べると治療期間が短くて済みます。歯冠部分を自由診療のセラミックにすることで審美性の高いブリッジを作製することも可能です。

メリット

  • 保険適用なので費用が抑えられる
  • 自分の歯に近い感覚で噛める
  • 外科手術の必要がない
  • メンテナンスしやすい
  • 違和感が少ない
  • インプラント治療と比較すると治療期間が短い

デメリット

  • 両隣の歯が虫歯や歯周病であれば先に治療が必要
  • 両隣の歯が健康でも大きく削る必要がある
  • 土台となる歯が虫歯になりやすい
  • 保険適用の素材では審美性に限りがある

お問い合わせ

       

東白楽・東神奈川周辺で歯医者・歯科をお探しなら

ラフォレデンタルオフィス東白楽までご相談下さい。