歯周病治療

できるだけ歯を抜かない歯周病治療

虫歯と並んで歯を失う大きな原因のひとつといえるのが歯周病です。歯茎の腫れ、痛みなどの症状がある状態は、すでに歯周病が進行しています。歯周病が重度になると、抜歯しなければならないという可能性が高くなります。 失った歯を補う方法は入れ歯やブリッジ、インプラントなどがありますが、天然の歯に勝るものはありません。当院ではできるだけ歯を抜かずにすむ治療方法を模索し、患者様ご自身の歯を維持できるよう心がけています。

歯周病の進行度と症状・それぞれの治療方法

歯肉炎

症状

歯肉炎

歯石や歯垢(プラーク)放置すると、歯垢に含まれる細菌によって歯茎に炎症が起こります。これが歯周病の初期段階である歯肉炎です。また、健康な歯と歯茎の間には『歯肉溝(サルカス)』と呼ばれる1~2mmのすき間がありますが、歯肉炎が起こるとこのすき間が2~3mm程度にまで深くなります。これが『歯周ポケット』です。

治療法

歯科衛生士がスケーラーと呼ばれる器具を使って、歯根面にある歯石を除去していきます。その後、表面を滑らかにするルートプレーニングという処置を行い、歯垢がたまりにくい状態にし、歯周病の進行を抑制します。また、日々の丁寧なブラッシングも欠かせません。正しいブラッシングができているか、歯科衛生士がわかりやすく指導します。

歯周炎(軽度)

症状

歯周炎(軽度)

歯茎の炎症が悪化すると、歯周病菌が歯を支えている組織である『歯周組織』に侵入します。すると歯の土台部分である『歯槽骨(しそうこつ)』や、歯槽骨と歯の根っこ部分を結びつけている『歯根膜(しこんまく)』もダメージを受け、歯茎の腫れや出血、口臭などが起こります。

治療法

軽度の歯周炎もスケーリングとルートプレーニングを行って治療をします。また、これらの治療と合わせて、正しいブラッシング方法で磨き残しをなくすことで症状の改善が期待できます。歯科衛生士が丁寧にブラッシング指導をしますので、しっかりとケアしていきましょう。

歯周炎(中度)

症状

歯周炎(中度)

歯茎の炎症がさらに進み、歯槽骨の半分近くにまでダメージが及ぶと、歯周ポケットがさらに広がって歯がぐらつきはじめます。また、食べ物を噛みづらく感じることもあります。

治療法

この段階でも、まずスケーリング、ルートプレーニングを行います。さらに歯肉の炎症部分を掻き出す『キュレッタージ(歯周ポケット掻爬術)』で、歯周ポケットを浅くする処置を行う場合もあります。

歯周炎(重度)

症状

歯周炎(重度)

歯周ポケットが6mm以上に広がり、歯槽骨の半分以上が破壊された状態です。この段階までくると歯はぐらぐらしてきます。最悪の場合、抜歯をしなければならなくなることもあります。

治療法

溶けてしまった歯槽骨の再生を促す治療や、エムドゲインという薬剤を使用する『歯周再生療法』、歯肉を切開してメンブレンという膜を張って歯肉の再生を促す『歯肉再生手術』といった外科的処置を行います。

全身の病気につながる歯周病

歯周病

歯周病の炎症によって生じる毒性物質は、歯茎の血管を通じて全身に行き渡ります。するとさまざまな病気を引き起こしたり、悪化させたりする原因になってしまいます。

代表的な例が糖尿病です。炎症によって生じる炎症性物質は、血糖値の上昇を抑えるインスリンの働きを低下させて糖尿病の引き金となることがあります。歯周病の治療をすることで血糖のコントロールがしやすくなるため、血糖値が気になる方には特に治療をおすすめしています。

また、動脈硬化が原因で起こる心筋梗塞や脳梗塞、肥満、早産・低体重児出産、アルツハイマー病なども歯周病との関連が指摘されています。全身の健康を維持するためにも、 歯周病の予防ケアや早めの治療を習慣にしましょう。

歯周病治療の流れ

  • 1診査・診断

    事前にご記入いただいた問診票を元に、歯と歯茎の状態を診断していきます。 歯周ポケットの深さや歯茎にぐらつきがないかといった点を確認し、レントゲンによる診断も行います。

  • 2治療

    症状に合わせた治療を行います。歯周病治療の基本はスケーリングとルートプレーニングという清掃処置です。必要に応じて麻酔を使用しますので、痛みをしっかりとコントロールしながら治療を受けていただくことができます。さらに正しいブラッシング指導を行い、ご自宅でのケアについても説明します。

  • 3再評価

    一定の期間が経過した後、再度ご来院いただきます。歯と歯茎の状態や歯周ポケットの深さが改善しているかどうかの確認を行います。

  • 4メンテナンス

    お口の中は日々変化しているため、歯周病は経過観察が欠かせません。また、歯周病の予防ケアとクリーニングも継続していただくことが大切です。軽度の歯周病であれば、スケーリングとルートプレーニングのみで治療は終わります。定期的に通院し、健やかな歯と歯茎を維持しましょう。

お問い合わせ

       

東白楽・東神奈川周辺で歯医者・歯科をお探しなら

ラフォレデンタルオフィス東白楽までご相談下さい。